アメリカで外陰炎になった私が自力で治した方法やおススメの薬はコレ!

☆外陰炎とは?

そもそも外陰炎って何でしょう?

外陰炎とは、女性の外陰部である大陰唇やその周辺の陰部に
炎症が起きる疾患をまとめて指すものです。
炎症とは、その部分が赤くなる、ヒリヒリとした熱感がある、
などを特徴とする状態で、外陰炎ではこのような状態を含めた
さまざまな症状が現れます。
(メディカルノートより引用)

外陰炎は、2つのタイプがあって

●感染性の外陰炎

カンジダなどの真菌(カビの仲間)や大腸菌などの細菌、
ヘルペスなどのウイルス、またトリコモナスやケジラミといった
微生物による外陰部の感染が原因

●非感染性の外陰炎

非感染性の外陰炎として、接触性外陰炎があります。
ナプキンやおりものシート、月経血、石鹸などが皮膚への刺激となることで発症する場合や、
通気性の悪い下着によるかぶれや細かな傷がきっかけとなって発症する。

因みに私がなったのは、非感染性の外陰炎でした。
丁度生理になっていた時期で、ナプキンのかぶれから・・・だと思われます。

生理が終わる前後にインフルエンザになり、
体の痛みで動けなくなり・・・での発症です。
免疫力低下も大きかったと思われます。

☆私の症状は・・・

外陰炎の症状は人によって様々です。

外陰部が赤くただれたり、かゆみが出たり、痛みが出たり。
おりものが大量に出て、臭いが出る場合もあります。

また膣炎も同時に発症する場合もあるそうです。

私の場合は、外陰部に水疱が大量にできてしまい、
あり得ないほど腫れていました。
もう日常生活に支障が出るほどでした。

トイレに行くのも苦痛。
下着をつけれない状態でした。
最後は歩くこともままならず、座る事もできませんでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です