シカゴ旅行の6月の服装は?オススメイベントを現地人が紹介!

 

シカゴの夏は暑いが湿度も低く過ごしやすいですが、冬は寒さが厳しく長いです。
春と秋は短く、あっという間に終わってしまいます。
今年のシカゴも、春を飛び越して夏になったと感じたほど。

そこでシカゴ観光おすすめの時期は、初夏から初秋、6月から9月にかけて。
気候も良く、観光シーズンになります。
毎週何らかのイベントが、色々な所で開催され、街全体がとても賑やかになります。

特におすすめは、6月から始まる音楽フェスティバル。

会場となるミレニアムパークは、シカゴ市の中心にあり、バスや電車のアクセスも便利で、
ループエリア内であれば、徒歩でもいけます。

スポンサードリンク

☆グラントパーク音楽祭

・日時:2018年6月13日から8月18日の毎週水・金18:30、土19:30
・場所:ミレニアムパーク内ジェイ・プリツカー・パビリオン

2か月間、無料でコンサートが行われます。
世界クラスのオーケストラと合唱団によって演奏される音楽祭。
スナックや毛布を片手に、星空の下クラッシックを楽しめます。

☆ゴスペルフェスティバル

・日時場所: 2018年6月1日17:30~ ミレニアムパーク内ジェイ・プリツカー・パビリオン
2日16:30~ ミレニアムパーク内シカゴ・カルチャー・センター

全米からゴスペルの人気歌手と合唱団が集まるコンサート。
(シカゴ合唱団、Edwin Hawkins、The Walls Group、The Tri-City Singers Reunion等)
こちらも無料。

☆ブルースフェスティバル

・日時 : 2018年6月8~10日 17:30~21:30
・場所 : ミレニアムパーク内ジェイ・プリツカー・パビリオン

シカゴ市が主催する世界最大のブルース祭り。
一流のミュージシャンが勢ぞろい。
人気が高く無料なので、早めに行くのが肝心です。
(Mavis Staples、Bob KoesterとDelmark Records等)

☆シカゴ・ジャズ・フェスティバル

・日時 : 2018年8月30日〜9月2日 12:00~
・場所 : ミレニアムパーク内シカゴ・カルチャー・センター

本場のジャズが気軽に無料で楽しめます。
全て野外で行われ、シカゴの摩天楼の夜景を見ながら音楽を楽しめ、
無料なので、いつ行って、いつ帰っても良し。
誰でも気軽に行け、楽しめるイベントです。

スポンサードリンク

☆まとめ

誰でも気軽にフラッと立ち寄れる音楽祭。
自分の好きなジャンルを選んでも良し、色々な音楽を楽しんでも良し。
シカゴの摩天楼の夜景と星空の下で、自分の好きな飲み物や食べ物を食べながら、
本格的な音楽を楽しめます。
ただ、6月は昼は陽射しがあるので暑いが、夜は冷えます。
屋外の音楽祭では、ジャケットや羽織るものが必須。

スポンサードリンク