シカゴ旅行子連れの観光スポットまとめ!現地人おすすめの場所

シカゴに来たら、必ず皆行く観光地の一つ、Navy Pier
Navy Pierはミシガン湖岸にある桟橋状の埋立地域の事。
子連れにおススメなのが、シカゴの人気スポットの一つ

Children Museum

Navy Pierの中にある。

我が家は、ダウンタウンまで車で20分ほどで行けるが、なかなか行かないのは、やはり駐車場問題。
かなり高い。
その中今回訪れたのは、無料の日だったから。
(詳しくは後程)
中には12種類の遊ぶ場所があり、0歳からでも十分に楽しめる。

スポンサードリンク

☆水遊びが好きな子はここ

ウィンドブレーカーも貸してもらえるし、存分にバチャバチャできる。
我が家の子ども達(3歳5歳7歳)も、キャーキャー言いながら遊んでいた。
船やジョウロ等の玩具もあるので、それを使って遊ぶのもとても楽しい。


(入ってすぐの壁にいっぱいウィンドブレーカーがかかっている)

☆恐竜好きな子はここ

恐竜の化石発掘体験ができちゃう。
存分に土を触って、楽しめる。

☆何かを作るのが好きな子はここ

色々な道具を使って、好きな物を作れる。
大きな家を作ってる子もいて、男の子女の子関係なく、ダイナミックに遊べる場所。
家でなかなか工具類を使わせないだけに、子ども達も興味津々。

☆身体を使うのが好きな子はここ

5歳以上からと年齢制限があるけど、上と下にもスタッフがいて、安全に遊べる。
パッと見、難しそうに見えるが、意外にスッスと登っていく子が多かった。

 

☆ごっこ遊び好きならここ

車の洗車や、タイヤ交換、ガソリンを補充したり、スーパーでお買い物もできる。
子ども達がなりきって、スーパーの店員になったり、車の洗車をしたりと楽しそう。
授乳するスペースや、幼児が遊べるスペースもある。

☆ボート好き、釣り好きな子はここ

実際にボートに登ったり、釣りをしたり、
ボートの中にある寝台や台所を探検できたりする。
キャプテンのジャケットを着てなりきる事も。
これは、5月19日からOPEN
夏ならでは!!

スポンサードリンク

☆まとめ

ずっと遊べてしまう、この場所。
ただ、無料の日は・・・すごい人混み。
我が家は無料の日に行ったが、私のおすすめはやはり平日の朝。
ゆったりと遊ぶことができるはず。

それでも、無料の日に行ってみたい人。
こっちの子達は、かなりグイグイくる感じの子が多いので、負けずにグイグイいかないと、
なかなか自分のやりたい遊びができない事も。
ただ、友達もできやすい。
短時間で、一緒にお買い物を楽しんだり、バスの運転手と乗客になったりと、我が家の子ども達は楽しんでいた。

・開園時間 : 月~日 10時~17時

・入園料 : 0~1歳 -無料

       2歳~大人-14.95

※毎週木曜日 17時~20時 - 無料
※毎月第一土曜日-1日中2歳から15歳無料

スポンサードリンク