淡輪潮干狩場の2018潮干狩りの時期はいつからいつまで?アクセスや駐車場も

春から夏にかけて、潮干狩りのシーズン到来です。
いやぁ・・・もう遅いと思った貴方、まだまだ大丈夫。
道具がなくても、手ぶらでも楽しめる道具レンタル可能なスポットや持ち帰りOK、
数種類の貝が獲れるスポットも。
その中でも人気な淡輪潮干狩場(タンノワシオヒガリジョウ)を調べてみました。
和歌山との県境にあるここ、梅田からは電車で1時間半ほど。
熊手、ザルセット100円などのレンタルも充実しているので、気軽に行ける場所です。

スポンサードリンク

◆アクセス

・電車:南海淡輪駅から徒歩12分
    大阪から電車で1時間30分ほど。
    料金は大阪から920円~で行けます。

・車:阪和道泉南ICより国道26号経由20分

・住所:大阪府泉南郡岬町淡輪6234

・問い合わせ先:淡輪潮干狩管理組合(072-494-2141)

◆駐車場

・800台(有料:620円/1日)
※潮干狩り場と駐車場が近いので、荷物の運搬が楽。

◆営業期間

・2018年4月20日(金)~6月3日(日) ※期間中無休
 営業時間:8時~17時

◆料金

・大人1300円
・小人700円
※おみやげ大人700グラム、小人400グラム
※獲った貝は持って帰れないので注意です。

◆レンタル料金

・クマデ・ザルセット100円
・パラソル2000円(返却時に1000円返金)
・シート300円
・バーベキューコンロ(大)2000円/(小)1000円
・テント3000円

◆獲れる貝の種類

・アサリ

◆おすすめポイント

ここは、お昼ごろから船で貝をまいてくれるので、思う存分貝を拾う事ができます。
子ども達も大喜び間違いなしです。
また、帰る際には、砂抜きをして綺麗に洗った貝と交換してくれるので、
調理も簡単。
但し、獲った貝は持って帰る事はできません。
貝毒があるので、とても危険です。

周辺には、イルカ公園やキャンプ場もあるので、潮干狩りだけではなく、BBQを楽しんだり、
遊具で遊んだりしても良いですね。

スポンサードリンク

◆まとめ

意外に気軽に遊びに行ける潮干狩り。
大阪からのアクセスも良く、潮干狩りだけではなく、BBQやキャンプ等、
アウトドアも楽しめます。
小さな子どもでも、泥遊びや水遊び感覚で遊べて楽しめるはず。
この週末にでも、ぜひ潮干狩り楽しんでみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です