台風26号2018のフィリピンの被害状況は?停電状況や飛行機情報も!

こんにちわ、BunaBunaです。

台風26号が、フィリピンを直撃し甚大な被害が出ているようです。
土砂崩れや建物の倒壊などの被害が出ていて、
人口が多いルソン島を襲ったようです。

現在のフィリピンの被害状況や、停電、また飛行機情報も
併せて調べてみました。

スポンサードリンク

☆フィリピンの現在の被害状況は?

現在のフィリピンですが、前回の台風22号よりは、
やや南寄りに上陸した台風26号は、人口が多いルソン島を直撃し、
土砂崩れや建物の倒壊などが起きてるようです。
また現時点で、1万人以上の方が避難生活を送っています。

これまでに、 子ども4人と男性1人が亡くなっています

今回の台風26号は、豪雨をもたらすとともに、
平均風速約42メートル、最大瞬間風速約58メートルという猛烈な風が
吹き荒れたとの情報が入っています。

土砂崩れが起きたのは、ルソン島のナトニン(Natonin)

避難していた人達31人以上がいた建物が、土砂崩れで埋まってしまい、
そこまでの道路も土砂崩れで寸断されているため、救助隊も近づけない状態のようです。

この建物は、公共ものだそうですが、避難場所ではなかったようで、
そこに大量の土砂が押し寄せ、避難していた人々が生き埋めになっているとの事です。

また、建物の倒壊や、屋根が吹き飛んだりと建物の被害も大きく、
現時点でも被害状況を全て把握はできていないそうです。

また情報入り次第、追記します。

☆停電状況は?

停電状況ですが、木々や電柱がなぎ倒されているとの事なので、
広範囲に停電が起きている
と思われます。

未だ情報は入っていないので、情報入り次第追記します。

☆飛行機情報は?

気になる飛行機情報ですが、今の所運航状況に
変更はないようです。

今回被害がひどかったのは、やや南寄りの方だったのもあるかも
しれません。
日本からのマニラ行きは調べた所、通常通り運航していました。

また情報入り次第追記します。

スポンサードリンク

☆まとめ

いかがでしたでしょうか。

台風26号で甚大な被害が出ているフィリピンについて
調べてみました。
未だに被害状況が全て把握できているようではないので、
今後更に被害が拡大する可能性があります。

また情報出次第追記していきます。

1日も早い復旧を、心から願っています。

読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク