台風22号2018のフィリピンへの影響は?飛行機の遅延や欠航を調査

こんにちわ、BunaBunaです。

さっそくですが、台風22号が凄い事になっていますね。
それも、今年最強の猛烈な台風だと言われています。
前回の台風21号では、日本でも各地に大きな被害が出て、
未だに復旧できてない所もあります。
その台風21号よりもさらに猛烈な台風22号。
上陸すればかなりの被害が出るのではと予想されています。

その台風22号がフィリピンに上陸する進路をとってるようです。

フィリピンに滞在している方、もしくはフィリピンに行かれる方、
フィリピンから日本に帰国、もしくは別の国に行く方、
今後の飛行機の遅延や欠航は気になりますね。

さっそく調べてみました。

スポンサードリンク

☆現在の台風22号は?

top
(ウェザーニュースより引用)

・存在地域:フィリピンの東

・大きさ階級:大型

・強さ階級:猛烈な

・移動:西 25 km/h

・中心気圧:905 hPa

・最大風速:55 m/s (中心付近)

・最大瞬間風速:80 m/s

強さ階級が、猛烈な・・になってますね。
最大瞬間風速80mなんて、想像もできません。

因みに、中心付近の最大風速55mですが、
たいていの木造家屋が倒れる。樹木は根こそぎになるほどの風速
だそうですよ。

また最大瞬間風速80mは、鉄筋の建物でもダメージが出て、車も空中を飛ぶほどの風速だと聞きました。

    1. 鉄筋の建物にダメージなんて・・・どれほどの被害になるのか

 

    1. 想像するだけで怖くなります。

実際、台風21号では関西エリアの風速は50mと言われましたが、
電柱や木が根こそぎ倒れ、大規模な停電になり、大きな被害がありました。
現時点でも、未だ停電の地域もあり、復旧見通しが立っていない地域もあります

◆追記

現在のマニラの様子だそうです。
雨が凄すぎて全然見えません。

☆進路予想は?

情報キャッチの速さはぴか一だと勝手に思っている米軍データ
ですが、どのような進路予想を立ててるのでしょうか。


(JTWCより引用)

やはり、フィリピン直撃コースは免れないようですね。
15日頃にフィリピン北部に上陸すると予測されています。

ただ、台風情報は刻々と変化していくので、
進路予想はどんどん変わっていきます。

常に最新の台風情報をチェックするのをお勧めします。

コチラで米軍データチェックできます→JTWC
右端のリストの26W にあるTC Warning Graphicで見れます。

☆飛行機の欠航は?

気になるのは、飛行機の運航ですね。

今の所は、飛行機の欠航や遅延情報は出ていませんが、
今後台風が香港へ接近する頃に、情報が出るかと思われます。

情報出次第追記します。

JALの運行情報チェックするのはこちらJAL運航情報

・ANAの運行情報はこちらANA運行情報

スポンサードリンク

☆まとめ

いかがでしたでしょうか。

今年最強の台風22号が、フィリピンに上陸する予想です。
飛行機の遅延や欠航だけではなく、色々な影響が
出てくると思われます。

常に台風の最新情報を確認する事をおすすめします。

読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク