さくらももこ乳がんはいつから?治療していた病院やステージは?

こんばんわ、BunaBunaです。

とてもショックなニュースが飛び込んできました。

私が小学生の頃からずっと見ていた、あの【ちびまるこちゃん】
の作者、「さくらももこ」さんが亡くなったというニュースです。

最初、

何かの間違い?

え??

と思いましたが、調べれば調べるほど・・・それが真実だと。
まだ53歳の若さでした。

さくらももこさんが、乳がんだったことも知らなかったので、
本当にビックリしました。

いつから乳がんになっていたのでしょうか?
乳がんの治療を既にしていたのでしょうか?
もしくは、最近見つかって、急速に悪くなったのでしょうか。
気になる事がいっぱいです。

さっそく調べてみました。

スポンサードリンク

☆さくらももこプロフィール


(スポニチより引用)

・本名:非公開

・生年月日:1965年5月8日

・出身:静岡県

・代表作:ちびまるこちゃん

☆乳がんはいつから?

突然の訃報に、驚いている方がかなり多いのではと思います。
私も未だ信じられません。

まだ53歳の若さですよ。

若いので、ガンの進行が早かったのでしょうか。

さくらももこさんがいつから乳がんだったのか、転移や
ステージがいくつだったのかは、
調べたのですが、情報は出てきませんでした。

また情報出次第追記します。

ただ、グランドジャンプ連載の【ちびしかくちゃん】を
最近は3号連続で休載しているようだったので、
もしかしたら、既にその頃には何かしらの
症状が出ていて、闘病をしていたのかもしれませんね。

☆乳がんのステージは?

これも、詳細な情報はでていませんでした。

ただ、さくらももこさんは相当な【健康オタク】
としても有名だったようなので、
かなり健康には気をつけていたと思われます。

もしかしたら、進行性のガンだったのかもしれないですね。

◆乳がんのステージ分類表

病期 しこりの大きさや転移の状況
・0期:非浸潤がん
・Ⅰ期:しこりの大きさが2cm以下でリンパ節転移なし
・Ⅱ期
・ⅡA期:しこりの大きさが2~5cm以下でリンパ節転移なし
しこりの大きさが2cm以下で同側腋窩リンパ節レベルⅠ,Ⅱ転移あり
・ⅡB:しこりの大きさが5cmを超えて,リンパ節転移なし
しこりの大きさが2~5cm以下で,同側腋窩リンパ節レベルⅠ,Ⅱ転移あり
・Ⅲ期
・ⅢA期:しこりの大きさが5cmを超えて,同側腋窩リンパ節レベルⅠ,Ⅱ転移あり
しこりの大きさは問わず,同側腋窩リンパ節レベルⅠ,Ⅱが周囲組織に
固定されている,または胸骨傍リンパ節のみに転移あり
・ⅢB期:しこりの大きさは問わず,しこりが胸壁に固定されていたり,
皮膚に浮腫や潰瘍を形成しているもの(炎症性乳がんを含む)で,リンパ節転移なし,
または同側腋窩リンパ節レベルⅠ,Ⅱ転移あり,または胸骨傍リンパ節のみに転移あり
・ⅢC期:しこりの大きさは問わず,同側腋窩リンパ節レベルⅢあるいは鎖骨上のリンパ節転移あり,
また,胸骨傍リンパ節と同側腋窩リンパ節レベルⅠ,Ⅱ・両方に転移あり
・Ⅳ期:しこりの大きさやリンパ節転移の状況にかかわらず,他の臓器への転移あり

☆治療していた病院は?

治療していた病院ですが、今の所詳細な情報は出ていません。

ただ、さくらももこさんは東京の麻布に住まわれていたとの事で、
近辺の乳がん治療で有名な病院を調べた所、
この2つがヒットしました。

もしかしたら、こちらのどちらかに通われていたのかも
しれません。

・東京都済生会中央病院

・国際医療福祉大学三田病院

もしくは全然別の病院かもしれませんが、治療に通うなら
やはり家から近い所を選ぶのかなと思いました。

詳細がわかり次第追記します。

スポンサードリンク

☆まとめ

いかがでしたでしょうか。

小さい頃から見ていた【ちびまるこちゃん】
さくらももこさんのエッセイは、とても面白くて、
何冊か持っているほどです。

まだ信じられないですが、

さくらももこさん、ご冥福をお祈り申し上げます。

この記事も読まれています。

矢沢あいは病気?病状や現在は?NANAの連載の復帰についても調査

スポンサードリンク