お月見2018の大阪の時間や方角は?人気スポットもチェック

こんにちわ、BunaBunaです。

まだまだ暑さが厳しい毎日ですが、8月も後半。
あっという間に9月になりますよ

9月と言えば、お月見。

虫の音を聞きながら、十五夜を楽しむ・・良いですね。
とっても。

そこで、2018年の大阪の方角や時間、人気スポットを
調べてみました。

スポンサードリンク

☆2018年の十五夜はいつ?

秋の真ん中の季節、そして1年で最も月が綺麗に見えることから
中秋の名月などとも呼ばれる「十五夜」ですが、
今年はいつ頃になるのでしょうか。

基本的には、9月7日から10月8日の間で、満月が出る日が十五夜
と言われています。

昨年は、10月4日が十五夜でした。

今年は、 9月24日が十五夜になるそうです。

☆時間や方角は?

時間や方角はどちらになるのでしょうか。

9月24日の月の出の時刻を調べた所、 17時45分だそうです。

方角は、満月は東から上がり、夜の0時前後に
南向きの高い位置に来るので、 東から南東、南の方角
月が見えます。

☆おススメスポットは?

お月見の有名なスポットは京都に多いのですが、
ここ大阪にもあるんです。

◆住吉大社『観月祭』(大阪府)


(ウォーカープラスより引用)

・開催日程:2018年9月24日(月)

・開催時間:18:00~20:30

・住所:大阪市住吉区住吉2丁目9-89

・アクセス:[公共交通]南海本線住吉大社駅から徒歩3分
      南海高野線住吉東駅から徒歩5分
      阪堺線住吉鳥居前駅から徒歩すぐ

      [車]阪神高速15号堺線「玉出」出口より約10分
       阪神高速道路4号湾岸線「大浜」出口より約20分

・駐車場:200台(1時間200円)

・電話番号:06-6672-0753

HPはコチラ住吉大社

観月祭とは中秋の名月の日に行われる住吉大社の特殊神事。
第一本宮にて祭典が執り行われ、引き続き反橋の真中より名月が上る中、和歌の披講、
俳句の朗詠、舞楽、子どもたちによる住吉踊が奉納される。
反橋と名月が作り出す幻想的な雰囲気は情緒的で、当日はたくさんの人が仲秋の名月
を楽しみに訪れる。
(ウォーカープラスより引用)

ライトアップされた橋を舞台に雅な観月イベントは、幻想的な雰囲気で、
橋の向こうに見える満月を見ながら、お月見の雰囲気を味わえますよ。

◆大阪天満宮秋思祭

・開催日程:2018年9月24日(月)

・開催時間:18:00~

・住所:大阪市北区天神橋2-1-8

・アクセス:地下鉄谷町線・堺筋線「南森町駅」下車
      JR東西線「大阪天満宮駅」 徒歩5分

・電話番号:06-6353-0025

HPはコチラ大阪天満宮

秋思祭(しゅうしさい)は浄闇の中行われる静かな祭りで、
菅原道真公の気持ちを偲んで執り行われる神事です。
(天満宮HPより引用)

夕方から行われる奉納行事では、境内の灯篭に明かりが灯され
秋の七草の献花や鈴虫が入れられた虫かごの奉納、献香、献茶等が
厳粛な雰囲気の中、次々と行われるそうです。

スポンサードリンク

☆まとめ

いかがでしたでしょうか。

今年の中秋の名月は、人気のスポットに出かけて
いつもとは違うお月見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

今回はお月見の大阪の時間や方角、おススメスポットを調べてみました。

読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク