4月こと座流星群2021/名古屋(愛知)の方角やピークは?極大時間や穴場スポットも!

【4月こと座流星群】は、4月の後半頃に例年観測され、数は少ないですが電波だけではなく、目視できる流星群として楽しみにされてる方も多い流星群の一つです。

 

前もって4月こと座流星群のピーク時や極大時間を知っておくと、デートの時にスケジュールを組みやすいですし、ちょうどピークの時間に流星群が見れたら、彼女や大事な人がとっても喜びそうですよね。

 

今回の記事では、2021年の4月こと座流星群の名古屋(愛知)の方角やピークについて、また極大時間や穴場スポット、当日の天候をまとめました。

 

夜空の天体ショーを彼女や大事な人達と楽しむために、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

くま
結論から言っちゃうと、 4月こと座流星群が観測されるのは、2021年4月22日20時〜23日明け方にかけてなんだって。極大時刻は22時だけど、好条件でよく見えるのは2021年4月23日の午前2時から午前3時半頃だよ。方角は東!!!

 

とらねこ
なるほど〜。せっかくだから、流星群が良く見える場所が知りたいなぁ。名古屋の天体観測のおすすめの穴場スポットってどこなの?

 

くま
4月こと座流星群/名古屋のおすすめの場所は、
●お手軽に天体観測したい人:平和公園、滝の水公園、稲永公園、亀城公園
●ガッツリ天体観測したい人:伊良湖恋路ヶ浜、雨山ダムの星空広場、茶臼山高原、面ノ木園地
●キャンプなどの宿泊も兼ねて天体観測したい人:旭高原元気村、愛知県民の森だね。
スポンサードリンク

 

4月こと座流星群/名古屋が観測される時期やピークについて

 

観測時期 2021年4月22日20時〜23日明け方
観測に好条件の時間 2021年4月23日2時〜3時半
ピーク/極大時間 2021年4月22日22時頃
方角

 

今年の4月こと座流星群は、2021年4月16日〜4月25日の間に観測できます。
その中でも、見頃となる4月こと座流星群の観測時期は・・・

 

2021年4月22日20時ごろ〜23日明け方

 

くま
今年は月があるので、条件的にはあまり良く無いみたいだけど、月が沈んだ午前2時以降から3時半頃がおすすめですよ。

 

4月こと座流星群/名古屋のピーク時間や極大時刻について

 

4月こと座流星群ですが、何時間もずーっと上を見ているのも大変ですよね。
せっかくなので、流星群が多く見れる時間に見たい!!

 

4月こと座流星群のピーク時間ですが、ちょうどピーク時は月があるので、今年の4月こと座流星群は、月明かりであまり良く見えないみたいなんです。

 

ただ4月こと座流星群を好条件で見る時間帯は、月が沈む午前2時から3時半頃が一番良く見えるのでおすすめです。
この時は、月の影響があまりないとの情報が出ています。

 

ちなみに ピーク/極大の時刻は22時です。
月明かりで見えにくい可能性もありますが、なるべく月明かりを避けての観測がおすすめです。

 

とらねこ
なるべく月を避けて見るのがおすすめだよ。月明かりが気になる時は、月が沈む午前2時から3時半頃が良く見えるみたい。

 

4月こと座流星群/名古屋の方角について

 

2021年4月こと座流星群ピークの頃の夜空
(引用元)

 

4月こと座流星群の方角ですが、どの方角を観測したらいいのか、気になりますよね。

 

4月こと座流星群、実は決まった方角がなく、どの方角からも観測ができちゃう流星群なんです。
ただ、今年の4月こと座流星群は、ちょうどピークの時に月が出ているため、月明かりで見えにくいと言われています。

 

そのため、 月が出ている時は、月の反対側の東側を観測するのがおすすめです!

 

また、こと座付近が放射点になることを考えると、真上に近い北東の空がおすすめの方角ですね。

 

くま
こと座は、月の反対側にあるので、まずは東側を観測するのがおすすめ!!

 

4月こと座流星群の名古屋の天気について

楽しみな夜空の天体ショー。
4月こと座流星群が、一番良く見える日の天気がとっても気になりますよね。

天気予報は、実際に当日になってみないとわからない事もありますが、前もってチェックがおすすめです。

 

今年の4月22日の天気は、1ヶ月予想の天気を調べてみると、日中は比較的暖かそうですが、夜間は9度とかなり肌寒いようです。
寒さ対策の防寒グッズは必須ですね。

 

とらねこ
夜になると、かなり気温が下がるから防寒グッズは必須だね。


ただし、この天気予報は、現時点での予報なので、事前のチェックをおすすめします。
去年に比べて今年はまだ暖かいですが、それでも防寒グッズは必須です。

 

 

4月22日

日中:20度 夜間: 9度
降水確率:5 降水確率:20

 

ただあくまでも予報なので、天気が変わる可能性は高いです。 ⇒天気予報のチェックはこちら
せっかくなので、雨は降ってほしくないですよね。

くま
天気だけではなく、その日の気温によって防寒グッズの準備も必要になるので、事前のチェックは必須!!!

 

4月こと座流星群が見える名古屋のおすすめスポットについて

 

せっかくの流星群、ばっちり見えるところで見たいですよね。

くま
流星群が良く見える条件は、 ①人工の明かりが少ない、②月③明かりの邪魔がない、④極大時刻の前後、⑤空が見渡せる広い場所 なんだって。

 

天体観測するには重要な、特に街の明かりに邪魔されずに、空を眺めることができる場所がおすすめですが、仕事帰りに手軽に行けちゃう場所も気になりますよね。

 

そこで、名古屋で4月こと座流星群が見えるおすすめのスポットについてまとめました。

 

平和公園

住所

愛知県名古屋市千種区平和公園1−3

アクセス方法 ■地下鉄東山線星ヶ丘駅または名城線自由ヶ丘駅から市バス星丘11系統に乗車、「平和公園」「平和公園南」下車
※バスは30分に1本
駐車場

・約230台:無料 ⇒詳細はこちら

 

名古屋市内からのアクセスもよく、広大な敷地が広がる平和公園。
桜の名所でも有名な平和公園ですが、 野鳥や植物の観察、釣りなど様々な自然を満喫できます。
また、一万歩コースが整備されているので、ウォーキングしながら自然を楽しむこともできますよ。

 

市内ではありますが、敷地が広いので街明かりの影響が少ないのもおすすめのポイントの一つです。

 

敷地内に無料の駐車場もあり、園内にトイレもあるのでお子様連れでも安心して来れますよね。
芝生に寝転がって天体観測もできちゃうので、おすすめです。

滝の水公園

 

住所 愛知県名古屋市緑区篠の風3丁目
アクセス ■桜通線「相性山駅」30分前後、下車徒歩18分
駐車場

■約20台:無料⇒住所はこちら

 

滝の水公園は、住宅街の中にある高台の公園です。
高台にあるので、名古屋市が一望でき、夜景スポットとしても人気です。


名古屋市内からは、電車で行くと1時間前後かかるのですが、車で20分前後で簡単に来れちゃいます。
夜景スポットとして人気なので、街明かりの影響が少し気になりますが、車運転できる方にはおすすめです。

稲永公園

 

住所 愛知県名古屋市港区野跡5丁目
アクセス方法 ■電車

  • あおなみ線「野跡」駅下車西へ徒歩約5分
  • 市バス幹築地1系統「稲永スポーツセンター」下車すぐ
  • 市バス金山25系統、幹名駅2系統、高畑13系統「野跡小学校前」下車西へ徒歩5分

■車:広川インター、八女インターより車で約45分

駐車場 北駐車場:約50台前後 無料
南駐車場:約20台前後 無料

 

稲永公園は、名古屋市の災害対応型モデル公園として整備された公園です。
スポーツ施設も充実してるので人気です。

 

名古屋市内から、電車でも車でも30分前後とアクセスも良く、周囲にビルや高い建物もないので、天体観測するにはもってこいの場所です。
駐車場も無料なので、手軽に来れるのも嬉しいですね。

亀城公園

 

住所 刈谷市城町1-1-1
アクセス方法 ■電車:JR逢妻駅、名鉄刈谷市駅から徒歩15分前後
駐車場

無料 ⇒詳細はこちら

 

亀城公園は、刈谷市にある刈谷城(亀城)址を利用した公園で、現在お城はありませんが様々なスポーツ施設が併設され、春には桜が有名な公園です。

名古屋市内からは、電車で50分前後、車では40分前後と比較的アクセスしやすく、無料の駐車場もあるのでおすすめです。

街明かりの影響が少し気になりますが、無料の駐車場やトイレ完備なので、ゆっくり天体観測するには良いですね。

伊良湖恋路ヶ浜

 

住所

愛知県田原市伊良湖町恋路浦2805

駐車場

無料駐車場:100台前後

 

伊良湖恋路ヶ浜は、日本百選に選ばれた白く美しい砂浜が人気の【恋人の聖地】です。
伊良湖恋路ヶ浜から近い伊良湖岬は、渥美半島の最先端に立つ白亜の灯台も有名ですね。

 

伊良湖岬までは、徒歩で10〜15分で行けちゃうので、日中に遊びに来て、キレイな夕焼けを見て、天体観測も良さそうですよね。
近くには、大アサリが有名なお店もあるみたいなので、名古屋市内からは4時間近くかかり、かなり離れていますが、1日遊べちゃいそうです。
無料駐車場も完備し、トイレも2箇所あるので、嬉しいですね。

 

交通手段は車になっちゃいますが、街明かりの影響も少なく天体観測にはもってこいの場所です。

とらねこ
かなり混むので、昼には駐車場も満車になるみたいだよ。

 

雨山ダム 星空広場

 

住所

愛知県岡崎市雨山町

アクセス

新東名高速道路「岡崎東IC」より約17km

駐車場

・無料
※駐車台数少なめ
※近くにトイレあり

 

雨山ダムの星空広場は、名前の通り星が見える穴場スポットです。

 

ダムは、街の明かりの影響が少なく、比較的天体観測に向いてる穴場スポットが多いのですが、雨山ダムの近くは外灯の明かりがあるので、少し離れたほうが星空は見えやすいみたいです。
穴場なだけあって、あまり人もいないようですが、かなり暗いので手持ちのライトを持っていくのをおすすめします。

 

茶臼山高原

住所

愛知県北設楽郡豊根村坂宇場御所平

アクセス 名古屋・足助/恵那方面:国道153号線→国道257号線→茶臼山高原道路(県道507号線)
豊橋・新城方面:①国道151号線→国道257号線→茶臼山高原道路(県道507号線)
         ②国道151号線 →県道506号線(少し山道)
静岡・浜松方面:①引佐→三遠南信道(鳳来峡IC*無料)→国道151号線
                      →県道506号線(少し山道)
          ②引佐→国道151号線→国道257号線→茶臼山高原道路(県道507号線)
駐車場

第1駐車場

かなり広い駐車場。
アクセスしやすい。
但し17時で閉まる。

第2駐車場

山頂に行くなら一番近い駐車場。
星空カフェ天空がオープンするのはこちら。
※公式サイトには、第1駐車場と書かれていますが、実際は第2駐車場です。開催時期は、かなり混みます!!
トイレが閉鎖されてる可能性あり

第3駐車場

夜間開放されているので、星空を見るのもおすすめ
※近くにトイレあり(第4駐車場のトイレ)

第4駐車場

夜間でも開放されていて、ゆっくり星空を見るのにおすすめ。
※トイレあり

第5駐車場
第6駐車場

両方未舗装の駐車場。
意外に穴場かも。

 

岐阜県との県境にある茶臼山高原は、芝桜の名所としても人気ですが、星空が見える展望台として注目されています。

 

満天の星空で、満足度高めのスポットですが、『星空カフェ「てんくう」』もオープンし、コーヒーを飲みながらゆっくりと天体観測が楽しめちゃいます。(但し期間限定のイベントなので、開催時期は要チェックです。昨年は流行病の影響で、軒並みイベントは中止になっています。 ⇒星空カフェ)星空を皆でワイワイと楽しむなら、星空カフェがおすすめですが、静かにゆっくり見たいなら、避けた方が良さそうです。

 

天体観測の好条件が揃っている茶臼山高原は、名古屋市内から車で2時間ほどの距離なので、まさに満天の星空を楽しむことができるので、ガッツリ天体観測したい方にはおすすめです。

 

くま
愛知県で一番空に近い茶臼山高原は、気温がかなり低いので防寒対策は必須だよ!
とらねこ
あと、夜の山道は鹿や猪が出てくるので、運転には気をつけてね。 

 

面ノ木園地/天狗棚

住所

愛知県北設楽郡設楽町津具高笹3-67

駐車場

・無料
※トイレあり

 

面ノ木園地は、茶臼山より10キロ手前にあり、公園や遊歩道、展望台などが整備された自然園地です。
天狗棚には、面ノ木園地の無料駐車場から、徒歩20〜25分ほどで行くことができます。
但し、懐中電灯必須です

 

面ノ木園地でも、十分に星空を楽しむことができますが、もっと見たい方は・・・天狗棚まで行かれることをおすすめします。
夏には天の川まで見れちゃうほど、天体ショーを楽しむにはかなりのおすすめの場所です。

 

名古屋市内からは、車で1時間40分前後かかります。
また、面ノ木園地までの山道が、いろは坂のようになっているので、車酔いしやすい方は酔い止め薬をあらかじめ飲んでたほうが良いかも!!

 

くま
イノシシやクマなんかも目撃されてるので、行かれる方は要注意!!!

旭高原元気村

 

 

住所

愛知県豊田市旭八幡町根山68−1

アクセス方法 ■東名高速道路名古屋インターから約90分

■東海環状自動車道豊田勘八I.Cから約45分

■猿投グリーンロード力石インターから約40分

駐車場

無料

キャンプ情報


1〜2人 

■テント:1泊3000円 ※トイレ/シャワー共同
■バンガロー:1泊4000円 ※トイレ/シャワー共同

4〜6人

■テント:1泊3000円  ※トイレ/シャワー共同
■バンガロー:1泊4000円 ※トイレ/シャワー共同
■ファミリーロッジ:1泊1万5000円 ※キッチン/バス/トイレ/寝具付き

 

大人数

■バンガロー:1泊4000円 ※トイレ/シャワー共同
■松風亭:1泊2万4000円 ※キッチン/バス/トイレ/寝具付き
■つつじ屋敷:1泊5万4000円 ※キッチン/バス/トイレ/寝具付き

 

愛知県豊田市の山中にある「旭高原元気村」は、バーベキューやスポーツ、工芸体験、ふれあい動物園などが体験できちゃうキャンプ場です。

 

おすすめは、4月〜11月の間開催される、天文台に設置された高性能天体望遠鏡「ミラッセ」を使ったきらめき一般観望会です。 キャンプでゆっくりと星空を満喫するのも良いですよね。(但し、土曜日と連休のみの開催で、日没から1時間後、一人300円です。)
天の川まで見れちゃうかも!!!

 

くま
春は、天の川銀河系の星が少なく見える時期だから、双眼鏡や望遠鏡を使えば、天の川銀河以外の銀河が楽しめるよ。

 

愛知県民の森

nagoya

 

住所

愛知県新城市門谷鳳来寺7−60

アクセス

■電車:JR:飯田線 みかわまきはら駅徒歩15分

■車:新城ICより20分(名古屋ICより85Km)

駐車場

200台、身障者用スペース2台
無料
※7時〜20時まで

キャンプ情報

別途、キャンプ場使用料、大人200円、子供100円が必要

 

■バンガロー 13棟:一泊4000円(時期によって料金変更あり)
詳細はこちら

■テント 125張(4〜5人用):1泊450円(6人用テント貸し出し)
※テント持ち込みなら、使用料のみで利用できちゃいます。

■オートキャンプ 5区画:1泊3600円
※AC電源(有料300円)、テントの貸し出しなし

 

愛知県民の森は、登山ややキャンプをする人、日帰り温泉を楽しむなど、様々な楽しみ方ができます。
駐車場の利用時間が決まっているので、天体観測を楽しみたい方は、ぜひキャンプ場の利用、もしくは宿泊施設の利用をおすすめします。
無料でキャンプファイアもできるので、キャンプファイアを楽しみながら、満天の星空を眺めるって素敵ですね。

 

別に宿泊施設もあります。10畳、8畳の和室、ツインベットと選べ、一部屋料金になるので、宿泊人数によって料金が異なります。
詳細はこちら

 

くま
キャンプ場と駐車場が離れてるので、荷物の運搬が少し大変みたいだね。お風呂は日帰り温泉を利用するみたいだけど、大人400円 小人200円(小人は3歳~中学生まで)だよ。

流星群を楽しむための防寒対策について

 

最近は暖かくなってきいるので、シートを敷いて寝転びながらの流星群観測・・・良いですよね。
ただ観測する時は夜なので、寒さ対策してからの観測をおすすめします。

 

レジャーシート 超厚手 200cm

他にもコンパクトに持ち運べちゃうシートなんかもあるので、こちらで検索してください。

⇒ 楽天でチェック
⇒ amazonでチェック

 

こちらのブランケットもおすすめですよ。
ポンチョにもなるし、ボタンもついているので、暖かさもキープできちゃいます。

ホットウォーム ブランケット Mサイズ 120cm×80cm 蓄熱 CARESTAR

 

寒さが気になるなら、おすすめの寒さ対策は、こちらのインナーシュラフ。
特に、標高も高くなる山の中などは、気温が低く感じるので、防寒対策は必須です。

まだまだ肌寒い中、長時間の観測ならこちらがおすすめです!!

 

インナーシュラフ寝袋

他にも色々な防寒グッズがあるので、気になる方はこちらをチェック

⇒ 楽天市場でチェック
⇒ amazonでチェック

防寒対策をしっかりして、4月こと座流星群を楽しんじゃいましょう!!

4月こと座流星群について

4月こと座流星群は、流星群の中ではかなり昔からある流星群です。
2000年以上前の中国での記録が一番最初になりますが、活発に活動していたのは、紀元前687年や紀元前15年なんだそうです。

紀元前なんて聞いちゃうと、びっくりしちゃいますよね。

 

そしてなんと、1803年のアメリカで、15分に167個なんで記録があるんですよ。

 

今でこそ、流星群が少ないと言われていますが、数十年に一度は多数の流星が記録されている流星群なんです。

 

因みに、以前は「こと座流星群」と呼ばれていましたが,国際天文学連合により,正式名称が「4月こと座流星群」に変更されました。

スポンサードリンク

まとめ

 今回は、4月こと座流星群2021の名古屋(愛知)のピーク時間や極大、おすすめスポットや方角についてまとめました。
今年は、流行病で例年のように楽しむことが難しくなっていますが、感染対策などの工夫をして、ぜひ家族や大事な人達との天体ショーを楽しんでください。

 

4月こと座流星群は、例年1時間に5〜10個と流星数が少ないのですが、数十年に一度なんですが、流星数が増える事があるんです。流星が最大観測された記録によると、1945年に日本で1時間90個前後観測され、1982年にはアメリカでも多数観測されたなんて事も!!!

 

今年は月の影響で、こと座流星群の観測条件はあまりよくありませんが、月明かりを避けて東側を中心に天体観測を楽しんでください。

 

まだまだ肌寒いので、天体観測する際には、防寒用にジャケットやブランケット等を忘れずに持っていくのをおすすめします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です