12人の死にたい子どもたちの本の表紙の絵の絵師は誰?調べてみた

こんばんわ、BunaBunaです。

最近気になる映画の一つが

【12人の死にたい子どもたち】

公開は、2019年1月25日

後もう少しですよね。
すっごく見に行きたい・・・。

でも、子どもがまだ小さいので、なかなか・・・難しそうです。

これは、またもやDVD待ち?
ってガクーンってなってるんですが。

それでも、久々にかなり見に行きたい映画の一つです。

この映画、小説をもとにされてるのってご存知ですか?

冲方丁(うぶかた とう)先生が書かれた小説をもとに映画化されています。
その、小説の表紙のデザインが・・・実は気になってるんですよね。

あのどこか含みのある少女の絵。
あれって、誰が描いたんでしょうか。

かなり気になるので、調べてみました。

スポンサードリンク

☆12人のしにたい子どもたちって何?

冲方丁(うぶかた ちょう)先生のミステリー小説です。
2015年7月号から2016年7月号まで「別冊文藝春秋」に連載されました。

特に注目なのが、冲方先生初の長編ミステリーなんだとか。
SFや時代物を中心に書かれていた中の、ミステリー。
それも長編です。

かなり気になりますよね。

10年前に「自殺サイト」を知ったことが執筆のきっかけになったんだとか。

今月25日に公開される映画も、かなり話題になってますよね。
これから活躍していく若手勢ぞろいってのも、
惹かれるポイントですし、こういうどうなるの?どうなるの?
的なのが、結構好きなので、楽しみですね。

私もまだ読んでないんですが、映画を見る前に・・・これは読んでおかないと~♪
予習はしっかりですね。

楽天で小説が買えるそうですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

十二人の死にたい子どもたち (文春文庫) [ 冲方 丁 ]
価格:842円(税込、送料無料) (2019/1/14時点)

楽天で購入

 

何と・・・漫画も出てるそうです。

これは・・・知らなかった。

☆表紙の少女を描いた人は誰?

私が気になった小説の表紙のデザインですが、
こちらがその小説のデザインです。


(アマゾンより引用)

少女の含みのある感じが、何だかちょっと惹かれますね。

この少女を描かれたのは、

【wataboku】さん

デジタルアーティストなんだそうです。
Twitter,Facebook,InstagramなどのSNS上で作品を発表して、
かなり好評なんだとか。

最近ではオリジナルの作品に加えて、
モデルやアーティストとのコラボレーション企画も積極的に活動されてるようで、
国内外からも注目されてる方のようです。

watabokuさん、男性のようですね。

お姉さんがいるようで、お姉さんが美大に行かれたのをきっかけに、
同じ進路を考えるようになったとか。
ただ、子どもの頃から絵はとても得意だったようです。

そして、なんと・・・お父さんは漫画家さんだったようです。

watabokuさん曰く、絵を教えてもらった事はないとの事ですが、
日常に絵を描くことが当たり前の生活があったなら、
少なからずも影響があったのかなと思います。


(http://www.highflyers.nuより引用)

・名前:wataboku

・生年月日:不明

・年齢:31歳(2017年5月現在)

・出身地:佐賀 鳥栖

・大学:九州産業大学芸術学部デザイン学科

・勤め先:トリプル・オー

watabokuさんの作品を見るのは、こちらをチェック

watabokuという名前、ちょっと変わっていますが、この名前の由来は、
環境によって変る1人称をくっつけた名前なんだそうです。
会社だと“わたし”、絵を描く時は“ぼく”、バンドをやる時は“おれ”。

以前は、その3つを合わせて「わたし、ぼく、おれ」というアーティスト名だった
ようですが、上京後にバンドを辞め、「おれ」がなくなってしまったので、
“wataboku”になったんだとか。

大学卒業後、佐賀の食品メーカーに就職したそうですが、
絵は描き続けていたようです。

その中、アメリカ在住のwakkawa(ワッカワ)さんに影響を受けて、
デジタルアートに興味をもったとのこと。

探したのですが、こちらがwakkawaさんのツイッターかな?と。
西洋美人を描いていたと言ってましたが、これでしょうか。

また、SNSで話題になったwatabokuさんの白いシャツの制服女子のイラストはこちら。

☆まとめ

いかがでしたでしょうか。
watabokuさんの絵、とても素敵ですよね。

繊細でいて、印象的な目にハッとさせられます。

watabokuさんの他の作品ももっと見てみたいですね。

読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク